弊社は段ボール・板紙の加工販売を開始して、今年で58年を迎えます。長い間蓄えてきた経験・技術を生かし、お客様に合った製品を作ってきました。
近年、コスト削減や環境問題への意識の高まりから、紙への関心が集まっており、新たな用途へのお問い合わせも増えてまいりました。お客様のご発展に少しでもお力添えができますよう、職人の技で紙の可能性を広げ、お客様からのあらゆるご要望にお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

代表取締役 米沢 寛

企業理念

創業者米澤幸明の経営精神であり、会社の基本姿勢を表現したものです。

経営信条『誠実・努力』

誠実は人から信頼を得、努力は人を育てる

経営理念『共に栄え 共に成長する』

  • 働く人の成長が会社の成長に繋がる
  • 会社・お客様・取引先の利益共有があって確実な信頼を得る
  • 創意工夫を重ね常に改良改善を図る

会社概要

会社名 黒部紙業株式会社
所在地 〒938-0059 富山県黒部市石田1168番21
TEL/FAX TEL 0765-52-0532 / FAX 0765-52-1569
創立年月日 昭和34年7月13日
資本金 10,000,000円
営業種目 ダンボール加工品製造販売、ダンボール・板紙・紙管他紙加工品製造・販売
主要販売先 YKK株式会社、北星ゴム工業株式会社、株式会社トヨックス、横山冷菓株式会社
主要仕入先 中越パッケージ株式会社、YKK株式会社、株式会社若林商店、北陸森紙業株式会社
主要取引銀行 富山第一銀行 黒部支店、北陸銀行 黒部支店、にいかわ信用金庫 桜井支店、富山銀行 黒部支店
役員 代表取締役 米澤 寛
取締役 菅 徹志、石渡 隆弘
監査役 米澤 やよい
従業員 26名
工場設備 敷地:約3908.46㎡  工場延べ床面積:1963.03㎡
関連会社 株式会社 黒部通商

アクセス

黒部紙業株式会社 設立の歴史

創業のころ

昭和34年7月、桜橋紙工業株式会社(現・サクラパックス株式会社)の黒部工場として設立。吉田工業株式会社(現・YKK株式会社)黒部工場からの段ボール箱の受注が増えたことに対応したもので、近地からの供給により輸送費を節減することが目的だった。
昭和40年、米澤が桜橋紙工業から独立し、単独経営となる。創業時は営業的配慮から「桜橋紙工業黒部工場」と「黒部紙業」の2つの看板を掲げていたが、自社で段ボールを生産するようになり「黒部紙業」の看板を1つにする。

創業のころ

工場移転新築

平成25年5月3日夜、事務所・工場(約3,200平方メートル)全焼。幸いケガ人はなかったが、設備等はすべて焼失した。現在地(黒部市石田企業団地内)に工場を移転新築、平成26年5月に再スタートを切った。

新社屋前にて